クロエ 2018年春夏コレクション – 身体に馴染む柔らかさと、アンティーク調のディテール

クロエ(Chloé)の2018年春夏コレクションが発表された。
今シーズンのクロエは、胸元に縦横に施された刺繍や飾り穴など、アンティークで優雅なブラウスのディテールが光る。カラーパレットは、遠くに見えるかすかな光の色を彷彿させるホワイト、温かみを感じるピンク、レッド、ベージュなど。暖色系のやわらかなムードだ。


絵画のようなアシンメトリーのドレスに描かれているのは月、胸、手のモチーフ。自然の力、女神の力を感じさせるフレアシルエットのドレスに描かれたそれは、クロエが掲げる自立した女性像を一層色濃く表現する。
コレクション後半では、フローラルプリントを乗せたセットアップやドレスが登場。レザー素材のジャケットやバッグをスタイリングし、柔らかさと硬さ、女性らしさと男性らしさが一つのスタイリングに共存している。
襟や肩に細いプリーツのフリルを纏わせたシャツは、長い丈が歩くたび自由に揺れる。シルエットは緩やかで、身体に馴染む流動的なデザイン。そして、終盤のドレスの首元に注目すると、裏表が混在しているかのようなスタイルへと移りかわる。刺繍されたスパンコール、 織り込まれたメタリックレースが、繊細な華やかさを演出している。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/35213

Leave a Reply:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です