バレンシアガ 2018年秋冬コレクション – レイヤードに限界はない

バレンシアガ(BALENCIAGA)は、ブランド初のメンズ・ウィメンズ合同ショーを開催。フランス・パリで2018年秋冬コレクションを発表した。
ブランド初の試みとなる合同ショーの幕開けは、男女ともにタイトフィットなピースを揃えた。首から爪先まで覆ったフューチャリスティックなトップス、極短ボディコンシャスなドレス、生地をひねりうねらせ身体に絡ませたワンピースなど、身体のラインを露わにするアイテムが、光沢あるベルベット、刺激的なネオンカラー、迫力満点のフラワープリントなどパンチのあるテキスタイルでデザインされている。


しかしそれはあくまで序盤。今季デムナ・ヴァザリアが最も重要視したのは、レイヤードのアイデア。スノーボードを楽しむ雪山からヒントをもらい、とにかく洋服を重ねて重ねて…ショーが進むごとに“レイヤードの物語”は進行していき、最後の最後にはビッグボリュームのピースが完成するというストーリーを紡ぐ。
肌に1番近いタイトウェアが収まると、続くのはデムナが得意とする再構築されたテーラードの数々だ。伝統的なウールやツイード、ベルベットを3-Dボディスキャンニングやデジタルフィッティングといった現代技術を駆使してトランスフォーム。腰回りはブランドのヘリテージであるバスクジャケットを表現し、曲線を描いている。
“実際に電話がかけられる!”とショー直後に話題となった電話番号入りのシャツを境に、モデルたちが何をどうやってレイヤードし何枚着ているのかが認識できなくなっていく。チェック柄のカウチンの下に、立ち襟のジャケット、デニムジャケットは2枚重なっているように見えるし、シャツの上にはアニマル柄のトップスがのっているようにも見える。最大9枚のアウターが重なっていたというから驚きだ。
「トリプル S」「スピード トレーナー」とヒット作が続くデムナのフットウェア。今季ルーキーとなったのは幅広ソールの「トラック スニーカー」だ。また、the World Food Programme(WFP)とコラボレーションしロゴ入りアイテムを提案。こちらは、購入額の一部が世界中の飢饉に襲われた地域の人々へ寄付に使用されるという、ブランドの新しい取り組みとなっている。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/37900

Leave a Reply:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です