2018-19年秋冬メンズファッションシュプリーム アウター コピーがブームの兆し?

昨年のチェスターコートブームに続くかのように、今年から来年にかけての秋冬はバリエーション豊かなシュプリーム アウター コピー通販「コート」がリリースされていきそうです。

まだまだこれから本格的な暑さを迎える季節ですが、ファッション界は2019年春夏のコレクションが行われている真っ最中。ショップやオンラインストアでは今年の秋冬シーズンの商品が早くもプレオーダー中になっているなど、次の季節への準備が始まっています。

コレクションに目をやると、メンズファッションにおける2016年-17年の流行キーワードの一つに「コート」が挙げられます。中でもややビッグなシルエットのタイプや、これまでにないデザイン性の高さを押し出したものなどが豊富に展開されていきそうな予感です。

昨年はチェスターコートが大流行しましたし、Tシャツは1・2サイズアップして着用するのが主流になってきた最近のファッションからすれば「下地」は十分。各ショップやファスト系からも豊富に展開されていくでしょうが、本記事ではプレオーダー中のデザイナーズブランドから新作をピックアップしていきます。

2016年秋冬メンズファッションシュプリームコピーアウターがブームの兆し?
バージンウールとナイロンを組み合わせたトレンチコートとはまた違うベルトディティールが特徴のラップコート。

写真のようなスカートとの組み合わせは難しいでしょうが、ガウンのように羽織るスタイルでベーシックなデニムなどにも相性が良さそうです。

女性デザイナーが手掛けるシュプリームはアーティスティックなデザインとドレープやビッグシルエットを得意とするブランド。こちらのコートはサッカーのコーチが羽織っているベンチコート的を彷彿とさせますね~。

インナーに取り外し可能なデカ襟のベストがドッキングしていたり、ドローストリングでシルエットが調整出来たりと細かなディティールがあるアイテム。こうゆうコートって一見着こなしづらいですが、中に何着てもOKなので楽ですね。

シンガポールのコレクションに参加している韓国人デザイナーが手掛けるシュプリーム通販は2013年秋冬スタートのブランド。
MA-1型のコートは2014年-15年も豊富にリリースされていましたがこちらはその変形型。前立てがハンテンのようになっていてどことなく和風な印象もあります。世界的にこういった和風な雰囲気のジャケット増えてますね。

ということで、今年の秋冬はいつもと違ったコートが様々なショップで展開されていくかもしれません。次の季節はお気に入りのシュプリーム アウター コピーを一着見つけてみるのはいかがでしょう。

Leave a Reply:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です