Search for:
  • Home/
  • グッチ/
  • 【グッチ】「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」未公開シーン追加の修復版完成&カンヌで上映 – グッチが支援

【グッチ】「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」未公開シーン追加の修復版完成&カンヌで上映 – グッチが支援

グッチ

「ワンスアポンアタイムインアメリカ」修復、カンヌで上映が決定

映画監督マーティンスコセッシが設立した”ザフィルムファンデーション(The Film Foundation)”が、セルジオレオーネ監督の代表作「ワンスアポンアタイムインアメリカ」(1984年)を修復2012年5月16日から開催される第65回カンヌ国際映画祭にてワールドプレミア上映されることが発表された

修復により30年の時を経て約20分にわたる未公開シーンを追加レオーネ監督が最初に思い描いた尺とストーリーに沿って復元された名作が、1984年の初公開と同じカンヌの地でよみがえる

過去の名作映画は、フィルムの劣化により上映されなくなる危機に直面しているそんな芸術的そして文化的遺産である作品の修復保存をおこなうのが非営利団体「ザフィルムファンデーション」そして、7年にわたるパートナーシップを通じてザフィルムファンデーション支援し、これまで200万USドル以上を寄付してきたのがイタリアの名門ブランド「グッチ(GUCCI)」だ

「ワンスアポンアタイムインアメリカ」はもちろん、これまで「山猫(Gattopardo)」、「甘い生活(La Dolce Vita)」、「夏の嵐(SENSO)」など7作品がグッチの支援のもとで復元され、毎年その作品数を増やしているグッチ ジーンズ コピー

「グッチは90年におよぶ歴史において長く映画の影響を受けてきましたし、私自身にとっても映画はインスピレーションの源ですグッチ コピー 代引き 対応ザフィルムファンデーションとのパートナーシップによって、セルジオレオーネ監督のような素晴らしい映画制作者のヴィジョンをよみがえらせ、現在そして未来の世代が鑑賞できるよう作品が復元されることを誇りに思います」とグッチのクリエイティブディレクター、フリーダジャンニーニがグッチと映画の強い絆を語っている

マーティンスコセッシ監督も「今回グッチのさらなる支援により、偉大なセルジオレオーネ監督の20世紀を代表する長編大作『ワンスアポンアタイムインアメリカ』を完全な形に復元することができましたこの作品は、映画保存を支援してきたグッチの歴史に新たな1ページを加えることになるでしょう」と感謝の意を表している